データ活用に失敗している小売企業のある一つの共通点

by Marie, on 2016/12/05 8:10:00

電子商取引(EC、eコマース)は、買い物客のデータ分析によって、マーケティングやプロモーション、顧客管理を行い、この10年間で大きな成長を遂げました。

近年、ECから少し遅れをとって、小売実店舗でも買い物客データの活用が注目され始めています。

店舗で働くスタッフの経験のみに頼った、「感覚的で主観的な」店舗運営ではなく、「数値に裏付けられた事実に基づく、客観的な」店舗運営を行うことが重要視されているのです。

 

ショッピングモールのエスカレーター

 

小売店でのデータ活用の例をあげると、「買い物客の行動分析」があります。

買い物客の行動を分析することで、店舗のパフォーマンスを詳細に把握することができます。

例えば…

買い物客の男女比率は。

試着室利用者の購買(転換)率は何%か。

どの棚により多くの買い物客が集中しているか。

このような買い物客のデータを収集し、分析することで、店舗の今現在のパフォーマンスを詳しく知ることが出来ます。

そうして、分析結果を基に適切なアクションを起こすことで、店舗の運営効率を高めることが可能になるのです。

 

分析をする際には、いくつかのKPI(Key Performance Indicator: 重要業績評価指標)を設定します。

KPIを分析し、その結果を基に、数値の低いKPIを上げることに重点を置いて店舗の運営を行うことで、より大きな効果を得ることが期待できるのです。

これが小売店における「KPI分析」の手法です。

 


関連記事

小売業界で働きやすい環境をつくるヒント
学生たちは働きやすさに注目する中、私たち企業側の取り組みとしてはどのようなことをしていかなければならないでしょうか?小売業界でのコミュニケーションの取り方、モチベーションの上げ方にヒントがあるのかもしれません。

KPIの目標値策定で小売店の店舗改善を効率化!
これからの小売店経営においてKPI分析は欠かせません。小売店で重要視されているKPI(重要業績評価指標)は、来店客数・購買率・客単価です。これらの数値を読み取ることで、店舗のパフォーマンスを詳細に把握することができます。


 

データ分析

 

冒頭で述べたように、買い物客データが注目され、実際にデータの収集を行っている小売店が増えてきています。

しかし、買い物客データを集めているにも関わらず、店舗運営を改善できていない企業が存在します。

そういった企業の共通点のひとつに、店舗スタッフがデータを使いこなせていないことが挙げられます。

つまり、データ活用に失敗している小売企業の共通点とは、

「スタッフ教育が十分に行われていない」ということなのです。

 せっかく有用なデータを収集しているにもかかわらず、現場のスタッフがデータ活用のノウハウを持ち合わせていないことで、データは分析されないまま、いわゆる、「宝の持ち腐れ」になってしまうのです。

そしてその原因は、スタッフ教育の失敗によるものがほとんどです。

 


 

データは収集しているだけでは意味がありません。

データ分析によって、買い物客と店舗の行動を理解し、それに応じたアクションを起こすことではじめて、収集したデータが活きるのです。

店舗スタッフへのデータ活用トレーニングを十分に行いましょう。

スタッフが数値分析をして、買い物客の行動について理解を深め、店舗のパフォーマンスに応じたアクションを実行することができれば、必ず店舗運営は改善されるでしょう。

事実、店長や店舗スタッフがデータ活用を十分行っている店舗は、そのパフォーマンスが高いのです。

 


 

とはいえ、データ活用を店舗スタッフにどのように教育すればよいのでしょうか

未だスタッフへデータ活用教育を実践できていない企業が数多く存在するのは、KPI分析が、ハードルの高いことのようにみえるからかもしれませんね。

スタッフに「KPI分析」を教えるには、何から始めればよいでしょうか?

また、そのためにかかるコストはどのくらいでしょうか?

こちらのe-Bookにそのヒントがあるかもしれません。

 このeBookを読む

 


店舗のコミュニケーションにKPIを活かすには?
最近社内でもKPIという言葉を使う機会が多くなってきました。KPIは様々なシーンで”指標”として用いられています。KPIはコミュニケーションツールとしてどのように生かすことができるでしょうか?

スタッフ教育や接客に取り入れたい「質問する」ということ
「質問」は強制的に相手に考えさせる力を持っており、人は他人から押し付けられた意見よりも自分で思いついた意見の方をはるかに大切にする傾向がある。そこで、スタッフ販売トレーニングや経営陣のマネジメントにおいてもこの手法は効果的で、人を動かすためには、命令ではなく自分で思いつくような問いを与えることが重要であるのです。

小売店でデータを有効活用する4つのポイント
あなたのお店ではデータを有効活用できていますか?今回は小売店でデータを有効活用するための4つのポイントを取りあげていきます。

Topics:データ活用をはじめようKPIへの理解を深める店舗運営を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1