マーケティング活動の結果として見るROI(投資収益率)

by Sawako, on 2016/05/31 9:30:35

 

キャンペーンのパフォーマンスが、成功したのか、不成功に終わったのかを見る一つの指標として、投資収益率 (ROI) があります。

 

PC画面確認

 

ROIとは、return on investmentの略で、一般に、投資した資本に対して得られる利益の割合のことを指します。マーケティング活動を見るROIは次の計算式で導き出せます。

ROI=(利益ーマーケティング投資)÷マーケティング投資×100

 例えば、販売価格から原価価格を引いた利益が2000円のランニングシューズが、新商品キャンペーンにて1000個売れたとしましょう。マーケティングにかかった費用が50万円だった場合、

{(2000円×1000個)-50万円}÷50万円×100≒40  ROI≒40%

キャンペーン毎にこの値を出すことで、どのマーケティングがより効果的か、見比べることが出来ます。
ROIを高めるためには、トラフィックカウンター(TC)などのツールを使い、来客数の推移データを用いて、分析していくことが重要です。

プロモーション活動を通して十分な認知度を得たにも関わらずROIが低かった場合、製品や価格設定、マーケティングチャネルなどに問題がある場合があるため、見直す機会になります。

 

関連記事はこちら:
購買率分析のROI
トラフィックを計測・分析するメリット 


 

リテール分析に役立つebookを今すぐ無料でダウンロード!

C10_ebook_image_roi.png

 費用対効果をご存知ですか? 



メールマガジン配信中
店舗分析についてもっと学んでみたいという方はぜひご購読を!

リテールパフォーマンスを高めるメール 

 

Topics:KPIへの理解を深めるマーケティングを取り入れる
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1