店舗マネージャー必見!従業員(スタッフ)のやる気を高める7つのポイント

by Yoko, on 2016/04/21 8:00:46

 店舗マネージャーの仕事とは、、、一言で言うなら、 店舗全体をまとめること。
スポーツの世界で言うならば、チームをまとめるコーチです。

 
その仕事内容を詳細に見ていくと、、、商品の入れ替えの指示から、主力商品のディスプレイ。
スタッフに適切に指示を出し、集客、利益の向上を図り、店の運営方針を決めたり、人事や経理・予算の管理なども手掛けなくてはなりません。

 
その仕事内容、一つ一つ、どれをとっても 従業員(スタッフ)の存在が大切になってきます。

 



 
チームメイト



 
そこで、 スタッフのやる気を高めることは店舗マネージャーの仕事を
スムーズに進める上で大変重要なポイントであることがわかります。
 
日々の忙しい業務の中で、ほんの少し心がけること、改善していくこと、見直していくことで
店舗内のチームとしての働きが円滑になり、最終的に集客、利益向上につながるでしょう。

 

関連記事
 
 
このeBookを読む 
 
 
では、コーチの指導でスタッフがやる気になる!ポイントについて、みていきましょう。
 
  
1)成果を称賛する
まず、一番忘れてはならないものが、スタッフが成果をあげたら、迷わず誉める!
誰もが、良い仕事をした時に評価して欲しいものですが、なかなか ”その時” に耳には届かないものです。
素晴らしい仕事をスタッフがしたならば、どんな事でもみんなの前で称賛するのを忘れないでください。

 

2)仕事を振り分け、責任感を育む
次に、スタッフに責任を与えること。これは、日常の仕事の中で、例えば受注の見直しや、棚の整理など
忙しい仕事の成果が、時として高いエネルギーを産み、仕事の成果への誇り、オーナーシップを作り出すものです。
 
 
 
3)主体的に考える教育をしていく
あなたが依頼したいことを、スタッフがしたいこと、に変換する事も重要です。
どんな仕事をして欲しいか伝える時、スタッフ自身が考えたかのように感じられる方法で、
例えば、”私は、こうして欲しい” ではなく ”こうしたら、どうなると思う?”といった方法で聞くのです。
 
 
 
4)アドバイスを利用する
スタッフが仕事に行き詰まっている時、喝を入れる代わりに学びの機会を作ること。
時として、間接的なアプローチが最も有効なのです。
”この仕事をうまくやっていける方法が何か他にあるか、アイディアがある?”と聞いてみてください。
 
 
 
5)チームづくり
スタッフの中で目標達成のための担当を決める事も一つです。
販売ノルマではなく、日/週/月間の目標コンバージョン率についてチーム全体で知り、達成できるようにします。
期待することは何か伝え、チームとしていつでも過去の結果を改善し、チームで目標達成への計画を立てます。

 

6)景品も用意しましょう
成果に対して賞を用意するのも効果的です。
店舗内会議で、または各チーム内で(営業担当、コンバージョン担当、販売担当など)月間の受賞を用意します。高価なものである必要はなく、気持ちがやる気を高めるのです。

 

7)スタッフを個々に知る
スタッフの趣味や、ライフスタイルで大切にしていることは何かを把握します。
定期的に現在の状況に満足しているか確認し、考慮できることはサポートしていきます。
 
 
 
スタッフへの配慮、信頼。そして、客観的に全体をみわたして指導する、
このリーダーシップこそ、店舗マネージャーならではのスキルであり、やりがいと言えるでしょう。
 
 
 
 
 
 

このeBookを読む

 

Topics:リテール分析店長さんにおすすめ情報
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1