ENG
お問い合わせはこちら
  Join Us!  


Learn

おすすめコンテンツをご紹介します。

  • Sales
  • Analytics
  • KPI
  • Education
  • Solution

試着室分析 ebook

試着室は商品の購入を決定する場所です。買い物客が試着室に入るということは、購買意欲が最も高まっている状態であり、商品購入における意思決定のいわば最終段階にあるということです。試着室でのアプローチは顧客満足度を上げるだけでなく、店舗に大きな利益をもたらします。

小規模店舗こそ来店客数の計測を!

大型小売店では、全てのカスタマーに接客をすることは難しいながらも、多くのスタッフを配置し、より多くのカスタマーにそれぞれ少ない時間で接客をすることで、来店客のうちの購入客の割合を増やす=購買率を上げることを目指します。

顧客の行動パターンと購入の決定

ショッパーマーケティングの第一人者、ハーブソレンセン氏の著書『「買う」と決める瞬間』(2010)で、買い物客の店内行動について紹介されています。氏の買い物客の行動分析によると、買い物客の店内での行動は3パターンに分けることができるそうです。

Amazonのリアル店舗に学ぶ、顧客体験を生む店舗の作り方

アマゾン・ブックスは顧客体験を提供するために、オンラインのユーザー評価やレビューを活用した店舗づくりをしています。Amazonがこれからどうリアル店舗の展開をしていくのか、まだまだ目が離せません!

11 通り来店者数計測を店舗パフォーマンス向上に結びつける方法

小売店でKPIをどのように活用できるでしょうか。店舗分析で利用される様々なKPIのうち、重要なものをいくつかピックアップし、わかりやすく説明します。こちらのeBookでリテールアナリティクスを理解しましょう。

店内分析のメリット

様々な店舗の規模であっても、店内分析をすることでメリットを得られます。ここではエグゼクティブレベルから店舗レベルまで部門を細分化して分類した上で、小売業者が分析システムを使って対処できる重要課題を取り上げています。

リテールの数字

小売店で驚くほどシンプルな数式を用いて、業績アップを目指すことができることを知っていましたか?この「リテールの数学eBook」では売上を増やすための重要なメソッドについて、視覚的にわかりやすく解説しています。

店内分析することで期待できる効果

これらのツールから得られたデータは、 リアルタイムにクラウドレポーティングシステムから閲覧し分析できます。 では、そのデータや分析は実際の店舗運営においてどのように活用されるのでしょうか? いくつか例を見てみましょう。

マーケティング・マネージャー、マーケティング効果測定

マーケティングマネージャーは、自社の宣伝活動が単なる売上の拡大だけではなく、マーケティングの効果をどうやって上げるかについてより深い理解が必要とされます。

店舗分析とは?

このeBookは店舗分析って何?というソリューションについてまだよくご存知でない方にもおすすめの、わかりやすいコンテンツ内容となっています!

トラフィックを計測・分析するメリット

トラフィックカウンターに興味がありますか?または、トラフィックカウンターが既に店内に設置されてはいるけれど、どの様に効果があるのかハッキリわからないという方はこちらをご覧ください!

属性分析

現在の小売市場では、顧客の嗜好やニーズを的確に捉えるマーケティングが必要とされています。 来店客の属性分析によって、あなたの小売ビジネスでのマーケティング効果を最大限に引き出すことに繋がります!

購買率とは?

店舗の正確な購買率を知る為に、来店客データをどのように活用すればよいでしょうか?このeBookで、買い物客分析の重要指標 「購買率」の基本的な考え方と活用方法について知ることが出来ます。

小売業に欠かせない、「KPI」を知っていますか?

売上高と利益、在庫数、時間あたりの売上高、客単価などなど。多大な情報を、あなたのお店では、どうやって 管理し、どのように評価していますか?

リテールアナリティクスKPI

小売店でKPI(重要業績評価指標)をどのように利用すると効果的でしょうか。店舗分析で利用される様々なKPIのうち、重要なものをいくつかピックアップし、図を用いてわかりやすく説明します。こちらのeBookでリテールアナリティクスを理解しましょう。

KPIを活用して業務効率をアップ

KPIを測定するとどのような「いいこと」が起こるでしょうか?店舗営業の最終的な目標は「売上」をあげることです。店舗の売り上げ目標達成のためにKPIを活用しましょう。

店舗のコミュニケーションにKPIを活かすには?

最近社内でもKPIという言葉を使う機会が多くなってきました。KPIは様々なシーンで”指標”として用いられています。KPIはコミュニケーションツールとしてどのように生かすことができるでしょうか?

KPIの目標値設定で小売店の店舗改善を効率化!

これからの小売店経営においてKPI分析は欠かせません。小売店で重要視されているKPI(重要業績評価指標)は、来店客数・購買率・客単価です。これらの数値を読み取ることで、店舗のパフォーマンスを詳細に把握することができます。

なぜお客様はすぐ店を出ていってしまったのか?「直帰率」の計測

店内導線や接客、シフトの改善の前に、店舗にどのくらい直帰客がいたのかを把握する必要があります。それを知るためのKPIが直帰率(バウンスレート)と呼ばれるものです。直帰率は「店内に一定の時間滞在せずに出てしまった客数」で定義されます。

来店客数計測を店舗パフォーマンス改善に繋げるKPI

売店の店舗運営改善の鍵は、店舗の生のデータを収集し、店舗スタッフがその分析結果に基いたアクションを起こすことです。「来店客数」を計測することで、小売店の分析に必要な様々なデータを得ることができます。

おなじみのKPI「販売数について」

販売数は、あなたのお店で最も簡単に測定できる、様々な取引に関連するKPIの一つです。販売数は、売り上げを出すときに必要であり、インストア・マーケティング戦略、顧客サービス、カスタマー体験、などへの評価の基準として利用できます。

ROI分析

店舗分析のソリューション導入によりどれ程のリターンが見込めるか、是非ご相談下さい。

購買率の計測で売上を伸ばす (8%増加)

来店客数は、あなたの店舗のパフォーマンスを計測し分析する、最もコアとなる数値の一つです。

売上を本当に理解する3つのポイント

ほとんどのリテールマネージャーにとって、「売上を上げること」が大きな目標となると思いますが、あなたは「売上」について本当に理解できていますか?そもそも売上とは何なのか?なぜ、思うように売上が上がらないのか?を紐解くポイントをご紹介します。

リアル店舗の売上を上げる簡単な方法

あなたが店長だったら、お店の売上を上げるために何をしますか? 私がお勧めする方法の一つは、POPの活用です。POPの目的はもちろんお客様に商品の説明を加えたものとなりますが、実は店長として店舗スタッフを育てるためにはとても有効な手段となります。

駅ナカ店舗で売上を伸ばす3つのステップ

通勤や通学などで駅を利用する人は多く、購買率の高い働く女性が増えた今、駅ナカの店舗は大きなビジネスチャンスの鍵を握っていると言えます。どんな施策を行うことで、売上を伸ばすことができるのでしょうか?3つのステップに分けて説明していきます。

小売業界2016年の振り返りと2017年に改善するべきこととは?

アパレル・小売業界のこれから改善すべきことは、人材を活かすためのマネジメントと店舗運営です。店舗のあるべき姿を見直し、人材不足を解消・売上を伸ばしていきましょう!

売上アップ!販売力を生む9つの法則

ニーズや予算を明確にすることで提案がしやすくなります。そして時として、顧客自身が気づいていなかった欲求・希望を満たす商品を提供できることがあり、高単価商品購入に結びつくことがあるのです。

お客様が「買いたくなる」売り場づくり

扱っている商品にかかわらず、小売店では陳列によってお客様の「視線」を集め興味を惹きつけることが必要です。今回は購買行動や効果的なディスプレイ・売り場づくりについて考えてみます。

<スマートリテーラーの勧め>リアル店舗の強みをより活かそう

ECサイトが台頭していく中、リアル店舗は今後どう生き残っていたらいいのか?接客力を高め、基礎的KPIである来店客数データを捕捉し、店舗のオペレーション能力をPDCAで回して高めていきましょう。

購買の機会を逃していませんか?

"購買行動モデルとしてポピュラーな「AIDMA(アイドマ)」プロセスにあてはめ、iPhone7を例にして見てみます。店内分析ツールを使い、来店客の集中する時間帯であるパワーアワーや来店客が集中する場所であるホットスポットを分析することで、効率的にスタッフを配置でき、必要とされているお客様へ適切な接客を提供できます。 "

小売店のデータ活用教育

売上を生み出す現場である店舗。その店舗で働くスタッフへの教育を適切に行うことで、売上改善が期待できます。接客スキルと店舗オペレーションだけを教える従来の教育手法から抜け出しましょう!「データ活用教育」で店舗に変革が起こります。

時間毎コーチング

時間毎コーチングは売上を上げるための有効な手段です。購買率のターゲットを設定し、日々の業務でどのように販売目標を立て、チームを管理していくのかについて明確なイメージを持つことができ、より高頻度の売り上げや購買率目標達成を狙えます。

シフト管理の悩みを解決できる?

シフトを効率的に組むことは、店長やリテールマネージャーにとって重大な課題の一つです。多くの店長は、必要最低限の人員で効果的にお店を運営するために様々な工夫を凝らし、それでもスタッフが足りず、接客に追われてしまうという経験があることでしょう。

スタッフ教育や接客に取り入れたい「質問する」ということ

人は自分で思いついた意見の方をはるかに大切にする傾向がある。スタッフトレーニングや経営陣のマネジメントもこの手法は効果的で、人を動かすために自分で思いつくような問いを与えることが重要です。

店舗マネージャー必見!従業員(スタッフ)のやる気を高める7つのポイント

日々の忙しい業務の中で、ほんの少し心がけること、改善していくこと、見直していくことで店舗内のチームとしての働きが円滑になり、最終的に集客、利益向上につながるでしょう。

研修やスタッフトレーニングにeラーニングを取り入れるメリット

自社ビジョンの共有、業務に関わる知識や経験の習得、業務に必要なスキルの向上、などの目的で行われる研修やスタッフ トレーニングですが、eラーニングを取り入れ、もっともっと受講を充実させるための提案です。

KPI分析ができるスーパー店長を育てる方法

どんなに巨大な小売企業でも、売上を作り出していくのは店舗であり、その販売スタッフや店長です。昨今、人手不足と言われていますが、優秀な人材を採用すること以上に大切なのが、今存在する店長をより優秀な人材へと「育成」していくことです。

店長必見!データを用いた確かな販売トレーニング法

あなたの店舗では、どのようなトレーニングをしていますか?これまでの指導に、データによる観察をプラスし、スタッフの販売力をさらに向上させましょう。個人売上が低下しているとき、データによって弱点を改善することに絞って指導を行いましょう。

エリアマネージャー・店舗運営の改善

小売店のマネージャーはどのようにリアルタイムのレポートを利用して店舗運営を理解し、改善しているのでしょう?エリアマネージャーのダッシュボードは、マネージャーが課題や優先事項、機会を理解し、各店舗の店長に伝える為に非常に役立ちます。

来店計測フローチャート

人の動きはいたるところに存在します。目の前のその「人」が、あなたのお店の「お客様」になるポテンシャルを秘めているのです。その潜在顧客があなたの店舗に何人出入りしているかをご存じですか?来店客数をカウントすることは店舗運営にとってのいわば基礎です。

店内分析ソリューション導入ガイド

このガイドでは、簡単に多店舗展開できるようにすることと、費用対効果を念頭に置いて、あらゆるテクノロジー中から、あなたのビジネスに最も適した店内分析ソリューションを導入する方法を、順を追ってご紹介していきます。

来店者動向分析技術比較一覧

「来店者動向分析技術比較一覧」様々な分析ツールが存在する中、全てを独自に調査することは非常に時間のかかる作業です。分析ツールのスペシャリスト作成した比較一覧が、あなたのリサーチをお手伝い致します。

InSight

"小売店舗での顧客行動の多様化に対応し、リテーラーに求められる顧客へのサービスを提供するため必要なものは「データ分析による顧客と店舗パフォーマンスの正確な把握」です。「InSight」で顧客行動・店舗のパフォーマンスを明らかにし、お客様に最高の買い物体験をお届けしませんか?

Quividiの属性分析ソフトで来店客情報を明らかに

属性分析とは、人の顔をカメラで認識することで、その人の属性を判別する分析手法です。カメラと属性分析ソフトを連動させることで、収集した属性データを統合し(サード・パーティデータと統合可能)、店舗・イベント分析に必要な情報を得ることができます。

Wi-Fiを利用し、リテールの売上を伸ばす時代の到来です

今や日本国内、 スマートフォンやタブレットのアクセスシェアは 71%を超えると言われています。そして、その様なスマートディバイスを"手に持たずして"外出される方はかなり少ないでしょう。

効果的なパイロットプロジェクトを行うための5つのポイント

パイロット・プロジェクト(先行的、試験的事業企画)は、新技術への評価と本格的な導入へ向けた手始めとして、非常に一般的な方法であり、分析ソリューションを対象としたパイロットも例外ではありません。

新旧トラフィック・カウンター 技術比較!!

今回ご紹介したいのは、3Dセンサー(新) VS ビーム・カウンター(旧)として、技術比較・検討です。3Dセンサーの特徴として、4つのデータポイント(対象の高さ、量感、動く速さ、方向)をデュアル・レンズで捕捉、測定、データ処理が可能です。

フット・トラフィックを計測していますか?

店内分析には様々な先進的ツールが存在しますが、フット・トラフィック(来店者の動向を測定すること)はその他の多様な店内分析をより正確に計測したり、マーケティングイベントなどの取り組みの効果を明らかにするための基礎となるKPIです。

トラフィックを計測・分析するメリット

トラフィックカウンターに興味がありますか?または、トラフィックカウンターが既に店内に設置されてはいるけれど、どの様に効果があるのかハッキリわからない、そんな方に読んでいただきたい、トラフィックを計測し分析することの意義です。なぜ、世界のトップリテーラーたちは、トラフィックデータを計測するのか?

Academy店長のためのデータ活用教育

eラーニングコース「店長のためのデータ活用教育」デモ動画です。ぜひご覧ください!